2018年12月04日 ブログ・コラム

本当は、ご家族が困っているかも

まず、『補聴器を使うほど聴こえないわけではない』という方は、「家族との会話はよく聴こえている。」とおっしゃられます。

これは、実はご家族が大きい声で話してくれているから。というケースがほとんどです。

ご本人様にとっては、それでも問題ないかも知れませんが、毎日大きい声でお話しているご家族は疲れてしまいます。

補聴器は「聴こえ補助」「難聴予防」するものです

次に『補聴器をしても、もとの聴こえには戻らない』というお悩みですが、もともと補聴器は聴こえを昔のように戻すことや、難聴を治すためのものではありません。

補聴器がいくら音を大きく、ハッキリと耳に伝えても、それが何の音かを理解するのは、「人間の脳」だからです。

難聴を長い間ほったらかしにしていると、脳に音を伝える聴神経が衰えてしまい、どんどん難聴は進んでしまいます。

補聴器は難聴をできるだけ進ませないための予防であったり、休んでいた聴神経を目覚めさせて少しでも聴きやすく補助するためのものです。

目立ちにくい補聴器もあります

補聴器イラスト

最後に『大きくてわずらわしいし、使うのが年よりくさくて恥ずかしい』という理由ですが、現在の補聴器はどんどん小型・軽量化されていますので、本当に目立ちにくくなっています。

また、補聴器自体が認知されてきましたので、気にする方も少なくなってきています。

何よりも耳が聴こえにくいのに無理して補聴器をつけないで、人に呼ばれても気づかなかったり、何度も「えっ?」「えっ?」と聞きなおす方が、むしろ年よりに感じられます。

いずれにしましても、補聴器が必要なのにしないと難聴はどんどんとひどくなってしまいます。しっかりとご自分にあった補聴器を選んで、前向きに聴こえを楽しみましょう。

  • 送料

    佐川急便 800円
    ※北海道・沖縄・離島は1,500円

    ※大型商品は800円以上となることもあります。
     大型商品のページに送料を記載しております。

  • お支払い方法

    カード一覧
    クレジットカード・代金引換・銀行振込

    FAX注文書はこちら

お問い合わせ・ご注文はこちらからもお気軽にどうぞ

営業日カレンダー

カテゴリ

運営サイト

  • 美術通販サイト
  • 補聴器専門店
  • 囲碁・将棋
© 2019 フォーラム21/補聴器・コレクション・インテリア雑貨などの総合通販ショップ . All rights reserved.
ホームページ制作 by